木材活用事例

  • けやきの森幼稚園

    概要

    町立統合幼稚園を町有林の木で建築するために竣工3年前から各関連機関と材の調達から設計、工程管理などを事前に協議しています。 町の教育方針に沿った幼稚園としながら、低コストで無理なく効率的に地元材を使うため、 立木の形状、強度を調査して町有林での量的、質的な供給可能性を確認しています。
    また、同様に、設計構造部材の木取材種の決定、統一化が行われています。 十分な材料調達、加工期間を確保するため材工分離発注も実施されています。 無理のない大スパン空間建築には、トラスや頬杖付き登り梁が使われ、一部集成材なども利用した設計になっています。 1000㎡以下の2つの木造部をRC構造部の両側に配置することで、木材の被覆や燃えしろ設計などの制約を必要としない木造建築を実現しています。
    内装はヒノキ床材、腰板、明るいクロスなどとともに軽快な現しの小屋組みで、明るく元気に園児が過ごせる雰囲気を作り出しています。 広場を取り囲む園舎は深い軒下を介し廊下がつながっています。 その外壁はヒノキに保護着色塗料を塗装して耐久性を確保しています。

    保険福祉施設